コンプライアンス宣言
個人情報の取扱い
交通アクセス 地中送電技術研究会

〒146-0095
東京都大田区多摩川2-8-1
(TDS多摩川事務所 3階)

<アクセス>
東急多摩川線
矢口渡駅から徒歩5分

TEL:03-3750-4830
FAX:03-3750-4831

東京電力パワーグリッド
東京電設サービス株式会社

会長挨拶

地中送電技術研究会

平成29年7月13日
会長 山口 秀一

「地中送電技術研究会」は東京電力(株)(現東京電力パワーグリッド(株))における地中送電設備の建設と保守に関する安全と品質に特化した諸施策を、東京電力(株)の指導・助言の下で請負・受託会社の立場から検討することを目的として、平成元年7月に発足いたしました。
以来今日まで、当研究会を取り巻く情勢は、時代の変遷とともにめまぐるしく変化してまいりましたが、電力供給設備の根幹となる地中送電設備の安全と品質の確保は不変との立場から、新技術・新工法・保守技術高度化等の進展に見合った諸施策の検討を進めております。
当研究会の基本理念は、会員各社間におけるコンプライアンス厳守を大原則とし、次の3つの基本方針に基づき具体的活動を展開し、安全・安心そして高品質な地中送電設備を支える組織であることです。

【基本方針】
(1) 安全・品質・環境の確保
(2) 現業技術の見える化
(3) 現業で働く人材の確保・育成

上記の基本方針に基づき、変化する諸情勢を考慮しつつ、年度の活動方針を立案し、
「総務」「資格研修」「土木」「保守・電気」「材料」「安全・環境」の6委員会が具体的活動を実施しています。
主な活動行事としては、「安全大会」「安全研修会」「現場代理人資格認定」「管路こわし工資格認定」「接続班長資格認定」等でありますが、今後も、上記の基本理念を堅持しつつ、東京電力パワーグリッド(株)の指導・助言をいただきながら、会員相互の協力のもと、当研究会の発展を図っていきたいと思います。

研修会の様子

(C) 2016 地中送電技術研究会